雨樋(あまどい)

雨樋(あまどい)とは

雨樋(あまどい)・樋(とい)とは、屋根面を流れていく雨水を集めて、下水や地上へ誘導する設備のことです。
雨樋がないと、屋根から外壁に雨水が直接流れていくことになるため、外壁がすぐに劣化してしまいます。
腐食の原因となる雨水から住宅に侵入することを防ぐ為に重要な役割を果たしています。

雨樋の寿命

雨といの寿命は15年から20年程度と言われています。
しかし雪が積もる地域では、プラスチック製の雨といはその前に割れてしまうことが多いのが現状です。
また、普段はそれほど意識することもないかと思いますが、放っておくと枯れ葉やゴミ、ホコリ、泥などによりつまることがあります。
そのままにしておくと、雨もりや木部の腐敗の原因になりますので、毎年時期を決めて点検をしましょう。

部材について

雨樋を修理・補修するためには、壊れてしまった原因と適切な対処法をしっかり理解しておくことも大切です。

また、雨樋の材質には、塩化ビニール製のものと金属製のものがありますが、現在はそのほとんどが塩化ビニール製です。
塩化ビニール製の雨樋は金属製のもののようにさびる心配が無い為、最近ではほとんど塩化ビニール製のものが使われています。

雨樋でお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください。
無料にて適切なアドバイスをさせていただいております。